東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・山梨県・長野県・静岡県など、関東近郊の廃品回収・不用品回収なら便利屋アーカディアにお任せ下さい!

アーカディア ご相談センター 0120-47-2851

便利屋アーカディアで廃品回収・不用品回収

便利屋アーカディアで廃品回収・不用品回収

大和とパンク??

午後から大和市内の3階建ての住宅のベランダから不用品を片付ける作業のため若い衆が出かけた。
5時過ぎに戻ってきて、月曜にもう一度追加の作業があるとの事で今日のところはこれまでと言っていた。
明日の栃木県塩谷郡の丸々片付けのための資材をトラックに載せさせ、ふとタイヤが心配になったので、確認したところ、後輪左のダブルタイヤの内側のものがパンクしていた。外側のタイヤがひどく磨耗していたため、そうとう気が付かずに乗り回していたらしい。
ダブルタイヤのトラックの場合、私だったら一本パンクすると挙動が変るのがわかる。
しかし使用人達はそんな微妙な挙動を理解しようともしないのが実情だ。
やはり始業点検は今後やらせなくてはならなくなるだろう。


遺骨搬送

先ほど遺骨を搬送して欲しいが・・・・と言う問い合わせがあった。
自分たち夫婦は高齢なので納骨に行くには電車で行きたいのでお骨だけを140キロ離れた群馬県まで運んで欲しいが、いくらかかるだろうか?またそれを引き受けてくれるだろうか?というもの。
運送免許があるので、そんな事はお安い御用で引き受ける事を告げた。
これからますますこんな話が来るんだろうな!?と、先行きの広告のあり方を考えさせられる電話であった。
遺骨の搬送お引き受けします!!


今月も

残すところ後一日となってしまった。
明日の依頼は午後、大和市内の3階建ての住宅のベランダに有るタイヤや土の入った植木鉢やプランターの片付け。
依頼人は部屋の中を通って下ろさないでベランダからつり下ろしてくれとの意向だ。
二人で作業に出向かせるが、どうなる事やら・・・・
来月の依頼もそろそろ固まり始めているが、まだまだ暑い今日この頃、若い者が熱中症にならなければ良いがと、心配な老人である。


iPhone


この間若い衆が片付けに行ったアパートのゴミの中にiPhoneが入っていた。
ソフトバンクの販売員に確認したところ、登録して使用する事ができるとのこと。
ただし新規のシム発行料金、事務手数料、月間契約料などがかかるとのことだった。
ただしスマートフォンが必要かどうかと言う事になると、必要で無い気もする。


山梨へ

久しぶりに山梨へ出かけた。たまには仕事抜きで家内と出かけるのもいい。
三富村、一宮を回り、御坂山地を越えて南側の河口湖畔へ。
定宿の富士ビューホテルでつかの間の休養を取り、帰途に。
桃はまもなく終わり、巨峰は本格的に味が乗ってくるのは9月に入ってからとのことだった。
今年最後となろう桃を一箱購入。ぶどう農家の降矢さんのお宅には9月に入ってから改めてお邪魔することとなった。
河口湖畔は涼風がたち、まもなく訪れる錦秋を予感させるものがあった。

写真は少し色付き始めたもみじ。河口湖畔のリゾートホテル富士ビューの庭園にて。


宇都宮から

若い衆が今日も宇都宮へ不用品の回収に出向いたが、帰りの東名が事故渋滞とかで、まだ戻ってこない。
土、日、休日、正月休み、夏休みはとかく事故が多い。
また最近の傾向として、「わ」ナンバーのレンタカーが増えているような気がする。
すなわち、普段あまり車に乗らない人がレンタカーを使うのだろうが、私は極力レンタカーの側には近づかないようにしている。
渋滞で大幅に移動時間がかかってしまったときのアルバイトなどの人件費の負担はどうしてくれるんだ?


三日続きで

三日続きで同じ家に呼ばれた。
過去に例のないことだった。


食いますよ!

賞味期限が7月末だった納豆が残っていた。
当然私はそれを3個全て腹の中へ入れてしまった。
それでもごみは出た。
石油製品の容器3個、調味料やからしの入っていたポリ袋、全体を包んでいたプラスチックの帯だ。
土には返らない。
わらのツトならばがさばるが、半年もすれば堆肥の中で形をなくしてしまうものを。


足立区へ

午後2時半のお約束で足立区加平のアパートに。
この暑い時期は朝早くやって、早く帰りたいのだが、お客さんの要望では午後の作業もいたしかたなし。
息子がお父さんの名義で借りていたエレベーターつきのアパートに寄り付かず、ごうをにやしたお父さんが上京し、今日中に家財道具をすべて搬出して、退出手続きをして広島へ帰りたいとの意向。
親不孝者の息子だ。
電話による相見積もりでは有ったのだが、超ベテランの弊社がお引き受けした。


お約束の依頼

朝一番で横浜市内のごみ屋敷(電話では不用品の処理だったのだが)の片付け。昼になったがまだ終了したという電話が入らない。
終わりしだい海老名市内のマンションの常連のお客様のソファーの片づけが待っている。
そして、とうとうお約束の蜂の巣の除去の依頼。
除去のための道具や薬剤の用意をして、帰ってくるのを待っている。