東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・山梨県・長野県・静岡県など、関東近郊の廃品回収・不用品回収なら便利屋アーカディアにお任せ下さい!

アーカディア ご相談センター 0120-47-2851

便利屋アーカディアで廃品回収・不用品回収

便利屋アーカディアで廃品回収・不用品回収

残念無念合わせて九年

疲れた体をマッサージ器に横たえてうとうとしているところへ電話が。
これから藤沢まで片付けをしに来てくれ!とのこと。誰も手配できぬまま私一人で現場へ急行。2時間程度の作業だったが、汗びっしょりになってしまった。
戻ってきて年賀の品を調達に伊勢丹まで。いつのもえびせんべいを商うテナントの女の子が来年は辞めてしまうとの事。歌手を目指しているとか。
商売熱心な女性だったので、社員だと思っていたが、アルバイトだとのこと。あんなお嬢さんを雇っているなんて、凄くラッキーな店だった。

三が日は電話が無い様に祈るばかりだ!!

世界は元旦の日の出を待ち望んでいる。


とりあえず

昨日のゴミの分別排出が終了。
トラックも全車両洗車をしてもらい、新年を迎える準備が終了。
年始の一番の仕事は栃木県宇都宮市の貸家の片づけからスタートの予定。
出来ることならその日まではメールや電話で依頼が来ないことを願うばかりだ。


今日も3件

朝早くから相模原市内の上溝地区のすでに不在になっている建物のエアコン処理などを息子のグループがこなしている間に、私は茅ヶ崎市のおばあさんに頼まれた孫のために購入したおもちゃの取り扱いの指導に出た。
戻ってくると息子たちも終わったとのことで、アルバイトの連中に食事を取らせ次の現場に。間借り人が夜逃げをした部屋の片付けだった。依頼人は建物の所有者。
相変わらず景気が悪いせいか、時々夜逃げの後始末に呼ばれる年の瀬だ。


この時間になっても

現在16時35分だ。
この時間になっても神奈中ヤナセのサービス担当者は電話もよこさない。何を考えているのだろう。
自分たちの不始末をなんとも思わない馬鹿さ加減にあきれてしまう。
ところで午前中、横須賀市のごみ屋敷の見積もりに行ってきた。ひどい場所だった。車がすれ違えない急な坂道は中央部分が階段になっていて、SLKのような車高の低い車では地獄であり、途中まで上って引き返して坂の手前に車を止め、徒歩で現場へ向かった。明日火災警報器の設置に業者が来るとのことで、何とかしたいとのことであったが、搬出条件が劣悪(車が入れるところから更に坂を上りその先50メートルも横移動する条件)なため、結構な金額の見積もりになり、その金額を支払う余裕がないとの事で、没になってしまった。


来店

午前中、老人ホームの部屋の片付けに出向いた。
私より元気そうな人もいる。私のほうがよれよれになっているのが妙に悲しいものだ。
午後、ネットオークションで商品を落札した人が二人来店した。近くに住んでいて大きな商品の場合は来店されたほうが互いに都合が良いと思うが、わざわざ時間をかけて遠方から来られるのはいかがなものかとも思う。
その後、メルセデスの販売店の修理担当が、フロントガラス交換の際ガラス屋が駄目にしてしまったのにとぼけて納車していた部品2点を持ってガラス屋と、共にやって来た。
ガラスの内側に擦り傷があり、それを指摘すると今日は一度帰社し、上司と相談して対処すると言い残して修理せずに帰っていった。
いったい神奈中ヤナセの顧客対応は最低だ!


老人ホームの片づけだ!

もう何年も同じ老人ホームのホーム内での部屋から部屋への引越しや、退出者、他界された方の部屋の明け渡しの作業などをお引き受けしている。
当然老人ホームなので、最新の家電品などはお持ちではない。
どちらかと言えば、こんな物をどうして持っていたんだろう?と、首を傾げたくなるものもある。
その老人ホームで亡くなった方の部屋の片付けに明朝で向く。
片付けに行く私が、そろそろお呼びがかかってもおかしくない年だと言うのに。


高校生の頃

同級生に平林と言うやつがいた。
法政大学付属第二工業高等学校電気科昼間部第一期生だ。
痘痕顔の少年はラテンミュージックに凝っていた。その頃の私は、カントリーミュージックと今で言うオールディーズ(当時は最新のヒットポップスだったのだが)にはまっていた。その平林が私にことのほか薦めてくれたのがTILL THE END OF TIME – Earl Grant だった。
今も時々聞くのだが、歌詞はたいしたことないものであるが、何かこの曲を聴く度に平林のことを思い出す。
彼は今どうしているのだろうか?

http://www.youtube.com/watch?v=7wepW8pAjXw&feature=related


Canadian Sunset

先日と言ってももう1年近く経つかもしれないが、Hugo Winterhalter の
Canadian Sunsetの収録されたCDを買った。
大昔、SP時代、さんざん聞いたものだが、時々聞いてみたくなる傑作だ。数多くのプレヤーが取り上げているが、Hugo Winterhalter のものは卓越している。
歌詞の付いたものはアンディーウイリアムスのものがポピュラーだ。


テキストが続いてしまったので

Born To Be With You by The Chordettes
お聞きください。


来年の

1月の仕事がボツボツ決まり始めた。
8日は栃木県の宇都宮のごみ屋敷、15日は町田市のごみ屋敷だ。
今年はSEO対策などが不調に終わったため、売り上げが伸びず、毎日お塩と水だけでしのいできた。
来年は何とかお肉や魚も食いたいものである。