東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・山梨県・長野県・静岡県など、関東近郊の廃品回収・不用品回収なら便利屋アーカディアにお任せ下さい!

アーカディア ご相談センター 0120-47-2851

便利屋アーカディアで廃品回収・不用品回収

便利屋アーカディアで廃品回収・不用品回収

草木も眠る丑三つ時

トイレに起き、所用を足しているときに電話が。
フリーダイアルにかかってくる電話はその発信地が案内されるように設定してあるため、どの地方からかかってきたかがすぐわかる。
「名古屋、名古屋」
女の声で、「害虫駆除もやってくれます?」
私 「ゴキブリですか?」
女 「なんだかわかりません!」
  「これから来てもらえるんですか?」
私 「時間を考えてみてくださいよ!」
女 「じゃ~良いです」
丑三つ時ですよ!丑三つ時!
行くにしても愛知県まで行くのに何時間かかると思っているの?


小山市と宇都宮市

明日もまた5時出発で栃木県小山市と宇都宮市で不用品回収を。
私が行くのだが、私だから二件をこなして12時近くには帰宅
するのだが、従業員だとそうは行かない。
そこが賃金を払う側と貰う側の大きな違いなのである。


爆走と山百合

午前中はネットオークション関係の作業をし、午後から東名高速で、御殿場へ。
途中スバルのレガシーが私のSLKにぴったり着いて煽ってきたので一気に200キロまで加速したら、あれよあれよという間に後方に離れていった。
国産車は180までしか出ないのに、メルセデスを煽るなんて無謀だよ!
というわけで、あっという間に御殿場で下り、箱根路へ。
さすがに土曜日ということもあり、平日より車の数が多かった。
峠道を過ぎ、谷間の道路へ入ると路傍に山百合が沢山生えていたので、家内にプレゼントするため、数本を採取。
昨日つぼみだったものが早開花。芳香を放っている。

分別も無く200キロ出す老人が馬鹿か、無謀にメルセデスを煽る中年の男が馬鹿か?
どっちも馬鹿なのだ!


溜まった

ネットオークションへの出品作業は息子の担当(と言うのも私はパソコン嫌い症候群)なのだが、現場作業(ごみ屋敷片付け、遺品整理、不要品処理など)が立て込んでいると、どうしても出品作業がおろそかになってしまい、その間恐ろしい量の出品可能なものが山になり、足の踏み場もなくなり、さながら私の事務所がごみ屋敷状態になってしまう。
そんなこともあって昨日から息子のしりをたたいてどんどん出品をさせている。
こう言ってはなんだが、パソコン嫌い症候群の父親より、息子はかなり早いピッチで作業をこなしているが、まだ数日はかかってしまうかもしれない。


土砂降り

リンク

昨日は数日前にオーダーをいただいた小山市のお姉さんの不用品片付けと合わせて、昨日の午後突然に依頼を受けた下野市内のお兄さんのごみ片付けのために、14時半ごろ自宅を出発。
お客さんと連絡を取りながら先に下野へ。
作業を開始するや否や、篠突くような土砂降りになり、作業を終えるころには乾いたところが無いまでにびしょぬれに。
そのまま冷たい体のまま2軒目の小山市へ移動。
作業終了後、ボストンバッグからそっくり着替えるものを取り出し、トラックの中で総とっかえ。
帰宅は22時になった。

閉店

八王子市内の飲食店が閉店するという。
年配の男性からの電話で、閉店するので備品の片付けをしたいので、見積もりに来てくれ!とのこと。
14時にお伺いする約束となったが、しばらくして「共同経営者がいるのだがその人と連絡が取れないのでキャンセルとのこと。
暑いのでキャンセルは歓迎だが、前もって仲間内ですり合わせをしてから電話を欲しいものである。
正直言って小さな飲食店は利益を上げるのは難しい。私自身三十代のはじめ16坪の広さでライブの店をやっていたが、結局利益は出なかった。
飲食店経営はお勧めできない。


昨日の足立区のゴミ屋敷

連日の暑さの中、昨日も足立区内のエレベーター無しの三階の
ゴミ屋敷の片付けがあった。
大方のものはまとめてある!との話だったが、その実態は散ら
かったまま。
取りまとめて搬出まで3人で3時間以上を費やしてしまった。
恐怖の物体から、見慣れた物体まで多岐にわたった。
げに恐ろしきはマニアなり!
きもちわり~~~~~~~!!!!


12時に

12時に葛飾区のマンションのベランダの放置物の片付けに。
神奈川に住む娘さんの依頼。
父親が居住する建物だそうで、今日エアコンの取り付けのために業者が来るが、ベランダがとんでもない状態になっているので、何とかして!とのこと。
さーどうなっている事やら・・・・・


団扇って・・・何ですか?


骨の材料が竹からプラスチックに代わったころから、団扇を使わなくなった。
すなわち、プラスチックのほうが製造コストが安く済むようになったのが理由だと思うのだが、そのころからどこの家庭にもエアーコンディショナーが普及したので、開けっ放しの家の中で、団扇を使う必要がなくなったのだろう。
そのうち、これが何のためにあるのかわからなくなってしまうかもしれない。

しかし今年もまた銀行やホテルから団扇が届いた。
昔はかまどの火起こしにも使ったし、涼をとるにも必需品だったのだが・・・・


相変わらず

バレー教室のリノリウムロールの搬送、小口のごみ片づけで、で何とか食いつないでいる。
最近ホームページの検索サイト上のランキングが不安定で、大型のごみ屋敷片付けの依頼が激減。
こまっちゃ~うな!って歌っていたおばあさんが居たよね。